?

妊娠・アロマセラピー

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠アロマセラピー

HOME妊娠中の疑問②>アロマセラピー

妊娠・アロマセラピー

アロマセラピーは植物から抽出した芳香成分で心身をリラックスさせ健康に役立てる自然療法です。アロマセラピーは妊娠線やむくみを予防したり、心身の不快な症状を和らげたり、つわりや産後に起こるマタニティーブルーズを緩和する効果があります。
ただし、精油には子宮収縮を促す作用や皮膚の刺激が強いもの、神経の興奮作用があるので注意してください。
妊娠中に使わないほうがよい精油は、タイム、グローブ、オレガノ、カンファー、バジル、せージなどがあります。
妊娠中のおすすめアロマは、オレンジ、カルダモン、イランイラン、サンダルウッド、ティトリー、ネロリ、ユーカリなどがあります。
精油は濃い液体になりますので、マッサージに使う場合は0.5~1%に薄めて使いましょう。

ラベンダー
ラベンダーはやさしいフローラルな香りで、リラックスや安眠促進、鎮痛になどに効果があり妊娠中期から後期に使うのがオススメです。芳香浴やアロマバス、妊娠線予防に使いましょう。
市販の芳香剤は、精油の濃度も低めにしているので妊婦さんに影響することはないでしょう。
産院でアロマセラピー
産院によって異なってきますので事前に確認をしておきましょう。お産のときにはラベンダーやマンダリン、ネロリなどがオススメでハンカチに数滴垂らして枕元に置くと気持ちがリラックスしてきます。
産後のアロマセラピー
赤ちゃんと一緒に芳香浴をする場合は、フローラル系のジャスミンやローズ、カモミールと柑橘系のオレンジやマンダリンがおすすめです。スパイス系のバジルやレモンといった精油は、赤ちゃんの鼻粘膜を刺激するので避けるようにしましょう。
また、ベビーマッサージは皮膚の汚れを落としたり、保湿効果のあるホホバやセサミ、スイートアーモンド、グレープシードなどがあります。使う場合には赤ちゃんの肌に問題がないがパッチテストをしてから使いましょう。



M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.