女性 朝に手のこわばり

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

早朝手こわばり

HOME気になる症状①>朝に手のこわばり


朝に手のこわばり

朝に手がこわばるのは典型的な関節リュウマチの症状になります。
リウマチの初期症状は、早朝に手がこわばりますがこの症状は数分しか続きません。そのため一時的なものと思い、あまり気にも留めずそのまま放っておく人が多くいます。しかし、リウマチが進行すると手のこわばりが何時間も続くようになります。
朝の手のこわばりは、炎症部分に滲出液が溜まりむくむために起こるといわれています。このこわばり時間がが短ければ初期状態、長くなるほどリウマチ進行しているのでメモに残し専門医に見せると診断の役に立ちます。しかし、リウマチになっていても手のこわばりがない人もいるので、朝の手のこわばりが関節リウマチだとは限りません。
関節リウマチが進行すると、様々な関節部分が腫れてきます。特に手首や指の関節は炎症が起こりやすくなっています。しかし、指先の関節はリウマチは起こりにくい特徴もあります。
リウマチを判断するときは、手にこわばりがあれば黄信号、関節が腫れてくると赤信号と思ってください。
リウマチは多発性関節炎と呼ばれる、炎症が3ヵ所以上起こることが多くあります。最初は一ヵ所だったのが次々と痛みや腫れが増えていくこともあります。また、対称性と呼ばれる同じ関節が左右対称的に痛みや腫れがあります。これもリウマチ関節炎の特徴になります。
朝の手のこわばりはリウマチと判断できやすいですが、腫れの場合は自己判断では難しいので専門医の診断を受けましょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.