女性・バルトリン腺炎・バルトリン腺腫瘍

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

バルトリン腺炎バルトリン腺腫瘍

HOME女性の症状>バルトリン腺炎・腺腫瘍

バルトリン腺炎・バルトリン腺腫瘍

バルトリン腺炎とは、セックス時の潤滑剤の粘液を分泌する膣の入り口の左右にあるバルトリン腺が、細菌などの病原体に感染して炎症を起こした状態のことです。
バルトリン腺腫瘍とは、炎症でバルトリン腺の出口が塞がれ分泌液が溜まることでのう胞ができます。そののう胞に細菌などの病原菌が繁殖し膿になり赤くはれ上がった状態のことです。
症状は、痛みがあり赤く腫れあがります。腫れが大きくなると座ったり歩くのが困難になり熱が出る場合もあります。

バルトリン腺炎・腺腫瘍の治療

バルトリン腺炎・腺腫瘍の治療は、まず原因となっている病原体を調べそれに合った抗生物質の服用をします。膿が溜まっている場合は切開手術や注射器で膿を取り除きます。
尿や便により感染しやすいので清潔にするように日頃から心がけます。トイレ後の拭き方は、後ろから前に拭くと肛門から外陰部に大腸菌を運ぶことになるので前から後ろへと拭くようにします。
また、セックスでも感染しやすいので注意しましょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.