?

妊娠・びらんから出血

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠びらん出血

HOME妊娠中の疑問①>びらんから出血

びらんから出血

びらんから出血しても心配はありませんが、自分では判断ができないので出血がある場合は必ず専門医で受診しましょう。
びらんは子宮の入り口近くにあり、先端がめくれるようになっていて内部の粘膜がみえることもあります。びらんからの出血はホルモンの影響が原因で、生理のある女性ならば誰でもあることなので治療の必要はありません。しかし、粘膜が露出しているために刺激に弱いため、セックスや内診などで接触刺激あると少量の出血が起こりやすくなります。

セックスで出血
セックスの後に出血があった場合は、刺激で出血したのだろうと軽く考えないことです。違う病気のこともありえますので原因を確かめる必要があります。問題もなく経過も順調であればセックスは禁止しなくてもOKです。
胎盤が下がって出血
胎盤が子宮近くにあると出血しやすいので注意が必要です。また、胎盤が低い位置についている低置胎盤は、お腹に張りが出た場合に子宮と胎盤にずれが起こり出血することがあいります。
子宮頸管ポリープで出血
子宮頚管ポリーはイボのようなもので、基本的に悪性の腫瘍ではありません。しかし、子宮頸管の出口にできると炎症を起こしやすく感染しやすくなるので手術で切除します。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.