茶褐色のおりもの

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

茶褐色おりもの

HOME月経・生理の症状>茶褐色のおりもの

茶褐色のおりもの

茶褐色のおりものの場合、子宮や膣からの出血が疑われ膣炎や子宮頸がん、子宮体がんなどが原因として考えられます。
子宮ガンの場合は、早期発見、早期治療が大切になりますので少しでもおかしいと思うときには迷わずに婦人科で診察を受けましょう。
子宮がんの場合は早期発見であれば100%治癒が可能なので不安にならず婦人科で検査を受けてください。
子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんの2種類があります。
子宮頸がん〜性行為の刺激などの外的要因が原因とされており、扁平上皮ガンがほとんどです。セックス経験のある女性であれば子宮頸がんになる可能性はあります。
子宮体がん〜ホルモンのバランスが崩れることに内的要因が関係しており、主に子宮内膜の腺上皮細胞から発生する腺です。更年期以降の女性がjかかりやすくなっています。また、糖尿病や肥満といった生活習慣病の女性はホルモンのバランスが崩れやすいので子宮体がんのリスクが高くなっています。
子宮頸がんは、血性のおりものや性交渉後の不正出血で気づくことがあります。子宮体がんでは、血性のおりものや閉経後の不正出血で気づくことがありますが、出血は続けて起こるというわけではなく時々出血する場合もあります。

閉経後の茶色いおりもの

健康な女性であれば、病原菌の侵入や繁殖を防ぐためにデーデルライン桿菌という酸性の細菌がしますが、閉経後にはホルモン分泌が減り病原菌の浸入や繁殖を抑える働きが弱まり膣炎を起こしやすくなります。
そのほか、膣粘膜が萎縮して薄くなって炎症を起こす萎縮性膣炎があります。この萎縮性膣炎も黄色いおりものが多くなったり、外陰部のただれやカユミが出てきます。
治療はホルモン補充療法や漢方薬を使います。また、日頃から雑菌が膣に入らないように外陰部を清潔に保つようにします。

M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.