?

血管の動脈と静脈

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

血管動脈静脈

HOME血液サラサラで健康>動脈と静脈

動脈と静脈

動脈と静脈では、血液の流れや血管の構造が違っています。動脈の血管の数はず少なく、静脈のほうが数も多く血管も太いものが多くあります。全身の血液約75%が静脈を流れ、約20%が動脈を流れています。
動脈は心臓からの大動脈を起点に分かれて血液を全身に行き渡らせます。動脈は心臓からの強い圧力に耐えるための構造になっています。特に大動脈は弾力性が強い線維層になっており、心臓からの強い血液の流れを耐えるこができます。
一方静脈は、動脈のように強い流れではありません。体を動かしたり、呼吸などで動いてできる小さな圧力の差で静脈が圧迫されることで血液が流れていきます。そのため、逆流を防ぐために静脈にはいたるところに弁がついています。体を動かすことで静脈の血液が流れるようになり、全身の血流がよくなります。

ドロドロ血液と動脈硬化

動脈硬化は脳や心臓に大きなダメージを引き起こす怖い病気です。文字通り弾力性やしなやかさがなくなり、動脈が硬くなる症状です。動脈は常に血流の圧力を受け、赤血球などの血球がぶつかりながら流れています。そのためぶつかったところは損傷し血栓ができます。このことが繰り返し起こると動脈はしだいに硬くなっていきます。さらに、血液がドロドロだと動脈硬化になりやすくなります。
反対に静脈では、血液の流れはゆっくりなのでこのようなことは起こりません。しかし、血液がドロドロになると足などに静脈瘤ができることもあるので、血液はサラサラであることがとても大切になってきます。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.