?

女性 不安神経症

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

不安神経症

HOME気になる症状③>不安神経症

不安神経症

不安神経症は、若い世代から中高年の世代まで幅広い年齢の人にかかる病気で、神経症の中でも発症率がいちばん高く、心電図の検査で異常もなく動悸が繰り返し起こります。
不安神経症の症状は、胸が突然締めつけられるような感じや、胸がドキドキしたり、呼吸が早く息苦しくなる、わけもなく不安になるといった症状があります。若い人が不安神経症になった場合、強い症状が出ることが多く、足しがしびれる、冷や汗が出る、呼吸が早くなり息苦しい、口やのどが渇くといった症状があり、パニック障害になることもあります。
これらの症状が続き死を感じるような激しい発作を経験すると、また起こるのではないかと不安になり少しの症状でも敏感に反応し、神経症がひどくなることがあります。
中高年の人が不安神経症になると、漠然とした不安から動悸が続きますがパニック障害のように激しい発作が起こることあは多くありません。
不安神経症の原因ははっきりとはしていませんが、真面目な人、要領が悪い人、ストレスを発散できない人がなりやすいようです。
何もしていないのに、動悸や息苦しさが続くようであれば、心臓の状態を心電図で調べたり、内科で他の病気がないか診察を受けましょう。心電図に異常がない場合は、精神科で診察を受け原因を調べてもらいましょう。

不安神経症の治療

不安神経症の治療は抗うつ薬や抗不安薬を使います。また、カウンセリングも一緒に行い不安感取り除き不安神経症の改善をしていきます。
生活の中では、ストレスや過労にならないように心身を休めたりして自律神経のバランスが乱れないように工夫してください。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.