月経量が多く顔色が悪い

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

月経量多い顔色悪い

HOME月経・生理の症状>月経量が多く顔色が悪い

月経量が多く顔色が悪い

月経は卵胞ホルモンと黄体ホルモンが周期的に変わることで起こります。この卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌が乱れることで出血量が多くなったり少なくなったりします。
機能性出血は、子宮や卵巣の病気ではなくホルモン失調によって起こる出血です。この機能性出血は卵巣機能が十分に発育していない10代や、更年期を迎えた人に多く見られ排卵がなく黄体ホルモンが分泌されないために起こります。
月経量には個人差があるので判断は難しいですが、過多月経の場合は一回の月経量が150ml以上で8日以上続くケースをいいます。
正常な生理であれば、月経量は50〜120mlくらいで、20〜25枚程度のナプキンを使います。
しかし過多月経が疑われる場合は、昼間でも夜用のナプキンが必要になったり、ナプキンが1時間ともたないことがあります。
過多月経の多くは貧血を伴い顔色が悪くなったりします。
治療はホルモンバランスを正常に整えるためにホルモン剤を服用します。ホルモン治療を受ける場合には、婦人科で決められた服用量をきちんと守ることが大切です。
精神的な原因で起こる、排卵がなく黄体ホルモンが分泌されない機能性出血を繰り返す場合は、心理カウンセリングを受けるケースもあります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事




Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.