?

白血球の働き

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

白血球働き

HOME血液サラサラで健康>白血球の働き

白血球の働き

白血球は名前のとおり白く見える核をもった細胞で、形や大きさ、働きによってリンパ球、顆粒球、単球に分類されます。どれも体を守る共通の役割をもっています。細胞の中に顆粒が含まれている顆粒球は好中球、好塩基球、好酸球に分けられ、どのような顆粒が含まれているかによって決まります。顆粒球の中でも好中球は数が一番多く、細菌を見つけるとすぐに近づき細菌を食べて退治します。好中球の約半数は肺や皮下で休んでいて、残りの半分は血液中にいて細菌など異物が浸入したときに備えていると考えられています。
好酸球は炎症などを抑えるの働きがあり、好塩基球はアレルギー反応を起こし防御する成分として働きます。
白血球の中でも比較的小さいリンパ球は、免疫機能で重要な働きがあり異物を感知するセンサーの役割を担っています。白血球の中でも一番大きな単球は細菌や異物を食べて退治したり、マクロファージに変化して体を守ります。

酸化LDLと白血球で動脈硬化

白血球は、細菌やウイルス、活性酸素から体を守るためにはなくてなならない成分です。しかし、白血球は本来粘着性を持っているため数が多くなると血液はドロドロになります。
活性酸素は、がんなどを引き起こすといわれます。血液中にこの活性酸素の影響を受けて酸化したLDLが発生すると、マクロファージ(単球)が食べて退治してくれます。しかし、酸化LDLが増えすぎるとマクロファージは食べて大きくなり最終的には処理できなくなり破裂します。すると、血管壁に粥状になった酸化LDLがくっついて固まります。この状態を粥状硬化(アテローム硬化)といい、血管を狭くして血液の流れを悪くし動脈硬化を引き起こします。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.