?

女性 閉経後の尿もれ

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

閉経後尿もれ

HOME気になる症状②>閉経後の尿もれ

閉経後の尿もれ

閉経後の尿もれと妊娠や出産後の尿もれとは少し事情が異なります。どちらも腹圧性尿失禁ですが、閉経後の尿漏れは妊娠や出産のダメーイジが残っていたことと、骨盤内臓や骨盤底筋が加齢により低下したり、女性ホルモンのエストロゲンが減少したことなどが原因として加わるために、漏れる量や漏れる回数も増えてきます。
閉経すると、エストロゲンの減少するので膣や尿道が萎縮し内腔の粘膜も薄くなります。また、子宮を支えている靭帯も細くなり子宮や膀胱を支える力が弱くなり下がってきます。そのためちょっとお腹に力が入っただけでも尿もれが起こるのです。
また、尿道括約筋が加齢によって弱くなり尿漏れを起こすということもあります。尿道括約筋の力が弱くなって尿もれがある場合は、尿の量も回数も増え下着を交換したりパットが必要になったりします。

腹圧性尿失禁の治療

腹圧性尿失禁の治療には、骨盤底筋体操や膀胱や尿道を元の位置に戻す手術が行われることもあります。
腹圧性尿失禁の原因に肥満がありますので、肥満解消のために運動することも大切になってきます。しかし、運動の種類によっては尿漏れを起こしてしまいのでオススメの運動は水泳です。水泳は体が水平になるため尿道や膀胱に負担がかからないので、多少の腹圧でも漏れにくくなります。
また、水泳は骨盤底筋体操と同じように、膣や肛門の筋肉を引き締める効果があります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.