?

妊娠・皮膚の乾燥

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠皮膚乾燥

HOME妊娠中の疑問①>皮膚の乾燥

妊娠・皮膚の乾燥

妊娠前は乾燥しなった人でも、妊娠するとホルモンの影響で皮膚が乾燥してきます。また、乾燥が進むとカサカサしたり粉をふいたり、かゆみが強くなったりします。この症状は妊娠性皮膚掻痒症といわれ、妊婦全体の2~3%に認められています。
あまりにもかゆい場合は、産婦人科医に相談してかゆみ止めやクリームを処方してもらいましょう。日常生活で気をつけることは、汗はきちんと拭き、体を清潔に保ち、綿100%の肌にやさしい下着をつけます。また、お風呂の後には保湿力の高いクリームでケアするとよいでしょう。

ステロイド入り軟膏
かゆみの薬にステロイドが入っていると心配になりますが、塗り薬など外用薬は局所的に効果があるものなので、お腹の赤ちゃんには影響はありません。アンダームであれば新生児にも使いますの出安心です。その他に化学繊維の下着をつけるとかゆみが増すことがありますので綿100%の下着をつけましょう。
脱毛
妊娠するとホルモンの影響で体毛が濃くなってきます。腕や足だけではなく、お腹の毛が増えることもあります。脱毛はカミソリや電気シェイバー、脱毛ワックスなど使っても構いません。ただし妊娠中は肌が敏感になっていますので注意が必要です。
抜け毛
妊娠すると体内ホルモンの変化で、頭皮の性質も変化し、乾燥してフケがでやすくなったり、逆に脂っぽくなる人もいます。抜け毛もホルモンの変化に影響されていると考えられます。肌にやさしい弱酸性のシャンプーやリンスを使うようにして、すすぎをしっかりとしましょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.