?

妊娠・肥満妊婦

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠肥満妊婦

HOME妊娠中の疑問①>肥満妊婦

肥満妊婦

肥満度(BMI)が26.4以上ある場合は、妊娠する前の体重を維持したまま出産まで過ごすことがベストと日本産婦人科学界では提唱しています。
肥満の場合は、肥満高血圧症候群の危険性が高く、微弱陣痛という子宮筋の収縮が弱くなろことがあり、難産になるケースもあるからです。
肥満の人でも出産までスムーズに過ごせる人もいますが、やはり標準体重の人と比較して危険が増してきます。肥満体系の人はカロリーオーバーの人が多いはずです。まずは毎日の食生活から見直していきましょう。
いきなり食事の量を減らすことは難しいと思うので、温野菜やこんにゃく、海藻などで食事の量を増やし、カロリーを減らす食事がおすすめです。また、産院で栄養指導を受けるのもよいでしょう。
甘いものがやめられない
ケーキやシュークリームなど甘いものを、毎日食べてしまうということはよくあると思います。1個くらいであれば問題はないと思いますが、そのかわり夕食で糖質を控える食事にするなど工夫をしましょう。
甘いものの食べ過ぎは、基本的によくないので1日おきくらいにしたほうがよいでしょう。
夜食
寝る前の3時間は食事を控えるようにしましょう。健康面や体重管理のことを考えるとあまり望ましいものではありません。肥満になり肥満高血圧症候群という病気にもなりかねません。
どうしても食べたいとなったときには、消化のよいソープなど軽めの食事にしましょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.