?

女性 日焼けのトラブル

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

日焼けトラブル

HOME気になる症状③>日焼けのトラブル

日焼けのトラブル

オゾン層の破壊で紫外線が増え、日焼けに対する警戒感が強くなりました。日焼けによる肌のトラブルは、紫外線の強さや紫外線を浴びている時間、紫外線の量が関係していますが、肌の色によっても違ってきます。
日焼けは多量の紫外線を浴びたために起こるやけどの一種です。日焼けの種類に肌が赤くなるサンバーンと肌が黒くなるサンタンがあります。
サンバーンは、肌の色が白い人がなりやすく、皮膚が真っ赤になったりひどくなると水疱ができたりむくんだりします。しかしこの症状は日焼けした翌日がピークで次第に治まっていきます。サンタンの場合は、日焼けして2~3日後にメラニン色素が増え始め肌が黒くなります。これは紫外線から皮膚を守るための防御反応です。
白人はサンバーンによるやけどを繰り返しているので、皮膚が慢性障害を蓄積していくのでがんが発生しやすいといわれています。しかし、メラニン色素が多い黒人や黄色人種は紫外線を防ぐ力が強いので皮膚がんになりにくいとされています。
日本人は比較的紫外線に強いのですが、肌が白くサンバーンを起こしやすい人もいますので、日焼けには注意が必要です。
また、紫外線は肌を乾燥させ肌荒れ、シミやシワをつくり肌の老化を進めるので女性にとっては皮膚がんよりも肌荒れが心配になると思います。

紫外線のカット

春から夏にかけては紫外線が強くなりますので、外出時には紫外線防止のある化粧品を使うようにしましょう。また、日傘や長袖の衣服で防ぐのも効果があります。
日差しの強い日は、コンクリートや水辺の反射光は日焼けを増強することもあるのでなるべく避けるようします。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.