女性 高年期障害ホルモン補充療法が効く症状

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

高年期障害ホルモン補充療法効く症状

HOME高年期障害>ホルモン補充療法が効く症状

ホルモン補充療法が効く症状

高年期障害の原因であるエストロゲンの減少を補うホルモン補充療法は、エストロゲンの減少が原因である症状であれば、多少の差はあっても全ての症状に効果があります。
特に運動神経系や自律神経失調の症状に効果があり、ほてりや発汗、頭痛や冷え、膣乾燥感、性交痛、動悸、不眠などの症状です。
症状によって効果の表れ方に差はありますが、一週間位で効果が表れるのは、ほてりや発汗、不眠などです。また、その他の症状に関しても二週間程度で改善されていきます。
ホルモン補充療法を二週間おこなっても改善がみられない場合は、エストロゲンの減少が原因の症状ではないことが考えられます。
更年期障害として、不安やイライラ、憂うつなどの精神神経症も多くみられます。視床下部に影響を与えるエストロゲンなので、神経や精神状態に影響を与えることも十分にありますので、ホルモン補充療法は精神神経系の症状にも効果があります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.