女性 高年期障害ホルモン補充療法で骨粗鬆症予防

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

高年期障害ホルモン補充療法骨粗鬆症予防

HOME高年期障害>ホルモン補充療法で骨粗鬆症予防

ホルモン補充療法で骨粗鬆症予防

ホルモン補充療法は骨粗鬆症の治療でも使われています。また、高コレステロール血症の予防にも効果があります。
女性ホルモンは骨からカルシウムが減るのを防ぐ働きをしています。
高年期障害の症状とはいえない骨粗鬆症と動脈硬化ですが、閉経がきっかけとなり症状が悪化しやすい病気です。
女性の場合骨の量は、20歳頃をピークをむかえそれ以降は少しづづ減少していきます。高年期になり閉経になると骨の量は急激に減り始めます。これは女性ホルモンが骨にカルシウムを蓄える働きがり、女性ホルモンが減ることによってカルシウムを蓄えることができなくなるためです。骨粗鬆症の治療は25%以上骨量が減少すると必要になってきます。
骨量の減少を抑え骨粗鬆症を予防する効果があるホルモン補充療法ですが、エストロゲンによる働きと思われていましたが、プロゲステロンの働きであると最近では考えられています。血圧や中性脂肪、コレステロールが高年期になると高くなることはよくあります。エストロゲンには、高血圧や動脈硬化の危険性を少なくする効果があります。それは、エストロゲンがコレステロールを下げ善玉コレステロールを増やす働きがあるためです。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.