?

妊娠・陣痛と呼吸法

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠陣痛呼吸法

HOME妊娠・出産後疑問>陣痛と呼吸法

妊娠・陣痛と呼吸法

お産のときの呼吸法は、複式呼吸と胸式呼吸がありますが陣痛がまだ強くないときは胸式呼吸を行い、出産直前になったら複式呼吸が一般的です。また、出産方法によっても呼吸法は違ってきます。ラマーズ法であれば、基本的に胸式呼吸でゆっくり行いますが、お産の進行によって腹式呼吸を取り入れ陣痛の強さに合わせて呼吸法を変えていきます。ソフロロジー式では腹式呼吸で、息をゆっくりと長く吐く呼吸法を行います。
どちらの呼吸法も、体をリラックスさせゆっくり長く息を吐くことが基本になります。息を吐くことに集中して自分なりにリラックスできれば十分です。

呼吸は鼻と口どちら?
陣痛が弱い時期であれば、鼻から息を吸って口から吐くラマーズ法の呼吸法が楽にできます。反対に陣痛が2~5分間隔になる進行期には多くの酸素を送るために口から吸って口から吐く呼吸法がいいでしょう。
体形と陣痛
小柄な体形だと陣痛に耐えられるか心配になる人も少なくありません。しかし、普通の体力があるのであればまったく問題はありません。
小柄な妊婦さんの場合は、骨盤が狭い傾向にありますので児頭骨盤不均衡の心配があります。骨盤の広さに比べて赤ちゃんの頭が大きいとスムーズに赤ちゃんが下りてこれないことがあります。
検査によって骨盤の広さよりも赤ちゃんの頭が大きいときには、安全を考えて帝王切開の出産になります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.