?

妊娠・陣痛促進剤

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠陣痛促進剤

HOME妊娠・出産後疑問>陣痛促進剤

妊娠・陣痛促進剤

陣痛促進剤を使う場合は、予定日を2週間以上過ぎ胎盤機能が低下する心配があるときに使われます。
妊娠37週~42週の出産を正期産といい、予定日を2週間以上遅れて出産することを過期産といいます。過期産になると胎盤機能が低下して赤ちゃんの状態が悪くなる心配があるので分娩を誘発する必要性があます。
分娩を誘発する方法は大きく2つに分けられ、陣痛促進剤の薬を使う方法と、卵膜剥離、浣腸、ラミナリアなどの物理的な方法があります。陣痛が来る前に使う場合は分娩誘発の目的で、陣痛が弱い場合は陣痛促進の目的で使われます。

点滴と経口薬
陣痛促進剤には錠剤と点滴がありますが、ママや赤ちゃんの状態、お産の進み具合、お産のスタイル、医師の考えによって錠剤か点滴は使い分けられます。
経口薬は効果は緩やかですが、強い陣痛が来たときに量の調整ができないため使い方が難しくなっています。そのため経口薬を使わない産院もあります。一方点滴は経口薬に比べ使いやすいのですが、体が自由にならないためフリースタイルの出産と両立できないことがあります。
陣痛促進剤を使う場合には、分娩監視装置をつけママと赤ちゃんの状態を観察しながら十分な管理下で行われます。
微弱陣痛
陣痛が弱くお産が長引いた場合は、体力や精神的な疲労だけを考えたときには、初産で陣痛から30時間を越えたとき使われることが多いようです。また、破水が先に起こった場合は感染症を起こすこともありますので破水から24時間で使われます。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.