?

血管の冠状動脈と冠状静脈

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

血管冠状動脈冠状静脈

HOME血液サラサラで健康>冠状動脈と冠状静脈

冠状動脈と冠状静脈

冠状動脈と冠状静脈とは、心臓の表面を覆ている比較的太い血管のことです。
心臓はリズムよく脈を打ち、身体に血液を送り出すポンプの役目をしています。心臓の筋肉は特殊な心筋からできており、他の骨格筋よりも細胞が小さく神経の命令を受けることなく収縮を繰り返すので、不随意筋ともいわれています。
冠状動脈は、心筋に酸素とエネルギーを送る重要な働きをしており1分間に約250m?の血液が流れています。この血液量は心臓が押し出す血液の4~5%程度ですが、酸素は10%以上も消費しています。そのため、新鮮で大量の酸素が心臓を動かすためには必要になってきます。激しい運動をするとさらに酸素が必要になるので、血流を増やすために冠状動脈は自然に広がる仕組みになっています。

狭心症と心筋梗塞

冠状動脈は動脈硬化が起こりやすい血管です。動脈硬化が起こると血流が悪くなり、心臓本体に血液が行き渡らなくなって起こる発作を狭心症といいます。症状は、胸のあたりが締め付けられるような圧迫感と痛みがあります。また、人によっては肩こりや背中が痛くなったりします。狭心症は一時的なものですが、心筋梗塞に進行する可能性があるので注意が必要です。
心筋梗塞は、冠状動脈の血液が完全に流れなくなる病気です。動脈硬化が進み血栓が血管に詰まると、心筋が酸素や栄養素を受け取ることができずに壊死します。場合によっては命を落とすことにもなる怖い病気です。ドロドロ血液をそのままにしておくと、命にかかわる重大な病気の引き金になります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.