?

血管の長さ

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

血管長さ

HOME血液サラサラで健康>血管の長さ

血管の長さ

私たちの全身をはりめぐらされている血管ですが、それを実感することはほとんどありません。しかし、体をつくっている細胞一つ一つは酸素や栄養素がなくては生きていくことができません。体のいたるところが損傷し出血しても、治せるということは血液が全身に流れているからです。
血管をつないで1本にすると約9万kmにもなるといわれ、これは地球を2周半もする長さになります。しかも血液は体内を1周するのに1分程度しかかからないとても早いスピードで流れています。そのために、血液をサラサラにしてスムーズに流れる必要があります。
血液の流れは、心臓から押し出され、動脈を通り脳や内臓、手足と体の隅々まで毛細動脈を流れていきます。この血液の流れは心臓と血管内だけで行われているので閉鎖循環系といわれています。

サラサラ血液しなやか血管

血液はサラサラだけでは十分ではなく、血管が傷つかないためにもしなやかで丈夫である必要があります。血管がかたいと傷つきやすく血栓もできやすくなるので血液の流れを悪くしてしまいます。
血管をしなやかに丈夫にするには、良質なたんぱく質を不足なせないこと、コレステロールは多くとらないことなどがあります。ここで注意しておくことは、コレステロールはまったく摂らないほうがいいいうわけではありません。コレステロールは細胞壁の材料になるので、コレステロールが不足すると血管など組織が損傷しやすくなります。実際にコレステロールが不足すると、低コレステロール血症になり脳の血管が損傷し脳出血を引き起こすことがあります。血管をしなやかに保つためには、コレステロールを適度にとる必要があります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.