?

血漿と血液凝固因子

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

血漿血液凝固因子

HOME血液サラサラで健康>血漿と血液凝固因子

血漿と血液凝固因子

血液には凝固と溶解の2つの働きが備わっています。血管が損傷して出血が起こっても血液が失われないように傷口を塞ぎ止血されます。これは血液中の血小板と血液凝固因子に備わっている能力によるものです。
血液凝固因子には種類がいくつかあり、フィブリノーゲンというたんぱく質の一つが代表的な成分です。フィブリノーゲンは血小板が損傷した部位に集まっているのを感知すると、粘性のある網状の線維素フィブリンになって血小板や赤血球に絡み付いて血栓をしっかりとつくります。しかし、血栓をそのままにしておくと血液の流れが悪くなるので、出血の心配がなくなると止血とは逆の働きが起こります。血栓をつくっているフィブリンを溶かす働きが始まります。これは線溶といわれる反応です。

止血のメカニズム

①血管が損傷し傷口から出血する。
②血小板が傷口に集まり血管が収縮する。
③血小板が傷口くっつき傷口を塞ぐ(一次血栓)
④フィブリンが血小板や赤血球に絡み付いて血栓ができる(二次血栓)


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.