?

血漿の成分

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

血漿成分

HOME血液サラサラで健康>血漿の成分

血漿の成分

血漿は透明で少し黄色がかっており、血液の約50~60%を占めています。血漿にはたんぱく質やブドウ糖、ミネラルなど様々な成分が溶けています。水に溶けない性質の脂質やミネラルはたんぱく質と結びつくなどして水に溶ける性質になり含まれます。血漿は毛細血管を介し組織液と循環をして栄養素やホルモンを全身に運んだり老廃物を回収しています。
長い時間水分補給をしなかったり、大量の汗をかいたりすると体が水分不足になり、一緒に血漿の量も少なくなります。このように血漿が少なくなると血球の割合が増えて血液がドロドロになります。普段から水分不足にならないように注意しましょう。
血漿のミネラルバランスは、海水とよく似ていることがわかっており、私たちの体は海と同じ環境だともいえます。

血漿のたんぱく質の働き

血漿には6~8%のたんぱく質が溶けていて、その60%がアルブミンという成分になっています。アルブミンは水に溶けにくい成分を溶けやすくするために結びついて、体中に運ぶ役割をしています。そのほかに、血液の浸透圧を一定に保ち、血液や組織液の量を調節する働きもしています。
血漿に溶けているたんぱく質の約40%はグロブリンという成分で、細菌やウイルスが浸入したときに攻撃する働きがあるものを免疫グロブリンといいます。
血漿に溶けているたんぱく質のフィブリノーゲンという血液凝固因子が、血液の粘性にかかわっています。血液凝固因子というだけあって活性化すると粘性を増し血液をドロドロにし、血液の流れを悪くします。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.