?

血小板の働き

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

血小板働き

HOME血液サラサラで健康>血小板の働き

血小板の働き

血小板はとても重要な働きをしており、怪我をして出血したときに止血しかさぶたをつくって傷を治します。
血球の中で一番小さな血小板は直径2~4μmで書くを持たない円盤状の細胞です。血小板は血液中に約3分の2、緊急用として脾臓に3分の1が蓄えられています。
血管が損傷すると血管内部のコラーゲン線維が露出し、これに反応した血小板が粘着性を増し、血小板同士がくっつきながら損傷部位に集まってきます。この働きを血小板凝集能といいます。さらに血小板は血管を収縮させるセロトニンというホルモンを放出して傷口を小さくします。このときに粘性のあるファブリンという線維が絡みつき、血小板だけではなく赤血球や白血球も一緒に血栓(かさぶた)をつくり傷を塞いでいきます。これが止血の仕組みになります。

血管は傷ついている

血小板の働きは皮膚の表面の傷や、皮下の浅いところでできた内出血などは見ることができますが、外から見えない体の内部でも血小板は傷を治すために働いています。
ドロドロ血液だと血管は傷つきやすくなるので、傷ができるたびに血小板が止血し血栓をつくります。同じ場所が傷つき血栓ができると、血管を狭く硬くし動脈硬化を引き起こします。また、血栓は役目を果たすと剥れるので血液の流れに乗って別の場所で血管を防ぐ可能性もあります。この血栓が心臓をとりまく冠状動脈を塞げば心筋梗塞になり、脳の血管で詰まれば脳梗塞になります。血栓は命にかかわる病気の引き金にもなっています。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.