?

妊娠・血圧測定

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠血圧測定

HOME妊娠・出産後疑問>血圧測定

妊娠・血圧測定

血圧測定は妊娠高血圧症候群の早期発見の目安になります。器械で行う血圧測定だけでも緊張して心拍数が上がり、通常より高くなる妊婦の方も少なくありません。その場合は手動でお願いしたり自宅で測定するのもひとつの方法です。

妊娠高血圧症候群と血圧
妊娠中に血圧が高くなるとなぜ問題になってくるのかというと、血管が痛んでしまい酸素や栄養を赤ちゃんに送りにくくなるためです。
血圧が高い場合には妊娠高血圧症候群のサインになります。妊娠高血圧症候群と診断される場合は、妊娠20週以降から分娩後12週までに最高血糖値が140mmHg以上もしくは、最低血圧が90mmHg以上の状態になった場合です。
高血圧になると、血管に負担がかかるため傷ができたり破れる危険性が出てきます。そのため胎盤の血流が悪くなり母子とも危険な状態になるので、早期発見、早期治療が重要になってきます。

低血圧で問題に?
低血圧は高血圧に比べると、赤ちゃんや妊娠経過に影響を与えることはあまりありませんのでそれほど心配する必要はありません。最高血圧が80mmHg以下になった場合でも、赤ちゃんの成長には影響がなかったというデータもあります。
しかし、低血圧ですと立ちくらみを起こす場合があります。お腹が大きくなり不安定な姿勢になりますので注意が必要です。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.