女性・高年期障害の治療

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

高年期障害治療

HOME高年期障害>高年期障害の治療

高年期障害の治療

高年期障害は身体に様々な症状はありますが、臓器などには病気がないことも多くあります。しかし、その症状が生活に支障をきたすようであれば、症状を緩和するための治療を行う必要があります。治療法は大きく5つに分けることができます。ホルモン補充療法、カウンセリング、抗うつ剤、漢方薬、運動に分けられ症状にあわせて、専門医と相談しながら治療をおこなっていきます。内科や婦人科でも診察はできますが、治療を受けやすいのは女性外来や高年期外来です。

ホルモン補充療法

高年期になってくると女性ホルモンの分泌が減少してくるので、薬などでホルモンを補充し症状を緩和させるのがホルモン補充療法です。
高年期障害で代表的な症状のほてりや汗をたくさんかく、動悸や息切れなどに効果があり、怒りやすい、イライラする、憂うつなどの精神的症状にも効果があります。また、閉経後の女性に多い骨粗しょう症の予防としてカルシウムの流出を防ぐ効果もあります。
症状が軽い場合は内服薬、症状が重い場合は注射で症状を抑えた後に内服薬を使います。

漢方薬

漢方薬を使う場合は、症状が軽くホルモン補充療法をするほどではない、ホルモン補充療法を希望しない、持病がありホルモン補充療法ができない人などに使われます。また、ホルモン補充療法の補助薬として使われることもあります。
漢方薬は、ホルモン補充療法に比べると効き目弱いように感じられますが、副作用の心配が少ないというメリットがあります。

カウンセリング・抗うつ剤・運動

イライラや憂うつなど精神的な症状がある場合には抗うつ剤が有効で、内科や産婦人科で処方してもらうことができます。心配事や悩み事は、問題を解決するのにカウンセリングが有効で精神科や心療内科で受診することができます。
運動も高年期障害に有効で、好きなスポーツで気分転換や理学療法士にメニューを組んでもらうのもよいでしょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.