女性 高年期障害とホルモン

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

高年期障害ホルモン

HOME高年期障害>高年期障害とホルモン

高年期障害とホルモン

高年期障害とホルモンの関係について紹介していきます。
なぜエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少が高年期の症状をもたらすのか、女性ホルモンが乱れるメカニズムはどのようになっているのでしょう。
エストロゲンは女性の生殖機能に大きく関わっていますが、それだけではなく動脈硬化を防ぐ、コラーゲンを増やす、骨粗鬆症を防ぐなど様々な働きにも関係しています。
卵巣機能が衰えると、身体を正常にするための様々な働きをしていたエストロゲンが減少し、身体が正常に保てなくなります。
老化によるホルモンの減少があれば、逆に増えるホルモンもあります。卵巣刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)です。
このふたつのホルモンの働きは、エストロゲンの分泌を促す卵巣刺激ホルモン、プロゲステロンの分泌を促す黄体化ホルモンです。
今までの血液中の濃度は、分泌量の多いエストロゲンとプロステロンでしたが、逆にエストロゲンとプロステロンが減少し卵巣刺激ホルモン、黄体化ホルモンの血中濃度が高くなります。このように女性ホルモンが逆転し、バランスが崩れることで様々な高年期の症状として出てきます。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.