女性 高年期の急性症状・遅発症状

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

高年期障害急性症状遅発症状

HOME高年期障害>高年期の急性症状・遅発症状

高年期の急性症状・遅発症状

高年期障害には早く出る症状と遅く出る症状があります。
早い時期に症状が出るのは、エストロゲンの急激な減少が原因で、遅く出る症状はエストロゲンの分泌量が長期間少ない状態が続くため起こる症状です。
エストロゲンが急激に減り、ホットフラッシュやイライラ、不安や不眠などの症状が急性症状で、エストロゲンの少ない状態が長期間続くと今まで正常に働いていた様々な機能に障害が出てくる頻尿や尿失禁、性交痛や骨粗鬆症などの遅発症状です。
エストロゲンの減少による急性症状には、生理不順、閉経、ホットフラッシュ(ほてり、汗かき、のぼせ、手足の冷え)などがあります。
エストロゲンの減少による遅発症状には、尿もれや頻尿、尿道炎や性交痛、骨粗鬆症、高脂血症、動脈硬化などがあります。
急性症状の高年期障害は、エストロゲンが減少することだけで起こるのではなく、自律神経失調症の症状でもあるのです。
自律神経とは、脳の指令を受けなくて働く神経で心臓の脈拍、血管の拡張や収縮、胃腸の消化吸収など自分の意思でコントロールすることができないものです。
エストロゲンやプロステロンが減少すると、視床下部が興奮状態になります。自律神経をコントロールする中枢は視床下部の近くにあるため、視床下部の興奮に影響され自律神経が乱れ高年期障害の症状が起きるとされています。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.