?

妊娠・高齢出産

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠高齢出産

HOME妊娠・出産後疑問>高齢出産

妊娠・高齢出産

高齢出産になると、赤ちゃんの先天性異常や帝王切開が増えることで出生前診断を受けるか悩む人も多いのではないでしょうか。出生前診断とは、妊婦さんの希望で妊娠8~18週ごろに行われるダウン症候群などの染色体異常や、神経管異常など先天性異常の病気の有無を調べる検査のことです。
実際に検査を受けた方には、赤ちゃんの異常が早くわかり心の準備が妊娠中からできたのでよかったという人や、反対に育てる自信がないので出産を断念したという人もいます。これは、生まれてくる命を選別する優勢思想になることから、産科医の間でも出生前診断には様々な意見があります。
検査前には、夫婦で十分に話し合うことが大切になります。

39歳と40歳
40歳を過ぎると、赤ちゃんの異常や帝王切開が急激に増えると心配になる人も少なくありません。確かに年齢が上がるにつれて染色体異常や帝王切開の確率は増えていきます。しかし、40歳になったから急に増えるというわけではなく個人差ががあるものと考えたほうがいいでしょう。
微弱陣痛
高齢になると、体力が低下したり子宮筋腫を合併し子宮の収縮がうまくいかず微弱陣痛になりやすい傾向にあります。しかし、お産は個人の体力や体質に左右されるため年齢はあまり考えないほうがいいでしょう。微弱陣痛は羊水が多いとき、母体の疲労が原因でなることもあります。
10年ぶりに妊娠
若いときに出産し、10年ぶりに妊娠すると高齢初産と考えそうですが一度出産の経験があるので、高齢初産の場合よりもお産そのものは楽になるはずです。
注意しておきたいことは、加齢に伴って起こる流産や早産、妊娠高血圧症候群などの危険性があることは認識しておきましょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.