?

妊娠・薬の疑問

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠薬疑問

HOME妊娠中の疑問②>薬の疑問

妊娠・薬の疑問

妊娠中や、薬を飲んでいて妊娠がわかったときには赤ちゃんに影響がないか心配になります。市販薬に関しては、赤ちゃんに影響がある成分は含まれていないので、基本的に妊娠中に飲んでも問題はありません。すべての薬が100%安全とは言い切れませんが、使用方法を守り短期間だけの服用であれば心配はないでしょう。また、漢方薬も日本で製造販売されているものを使用上の注意を守って服用すればとくに問題はありません。
ただし、個人輸入など販売製造元が不明な場合は安全であるとはいえないので、服用はおすすめできません。
薬の服用は専門医に相談するのがいちばん安心です。

総合感冒薬
市販の総合感冒薬には、赤ちゃんに影響を与える成分は入っていません。しかし総合感冒薬は、様々な症状に効果があるようつくられていますので、必要のない成分も入っていますので妊娠中は必要でないものはとらないようにします。
医師に相談して必要に応じた薬を処方してもらいましょう。
抗アレルギー剤
市販薬も医師に処方された薬も赤ちゃんに影響が出るようなことなまずありません。ただ、市販薬の中には動物実験では異常が起こることがあるので、妊娠中は使わないようにと表記されていることもありますが、あまり心配することではありません。動物実験では、何十倍もの薬を使った結果なのです。
どうしても心配な場合は、医師に相談しましょう。
消炎薬・鎮痛薬
市販薬のほぼすべてに、妊娠している人は使用する前に医師に相談を、と記載されていますが、これは妊娠中の服用は危険ですということではありません。赤ちゃんや体のことを考え自己判断で飲むのは止めましょうという意味で表記されてします。
消炎薬・鎮痛薬の中にはイブプロフェンという成分が含まれているものが多く、大量に服用すると赤ちゃんの動脈管を閉鎖することがありますので医師に処方してもらった薬をつかいましょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.