?

女性 慢性の肩こり

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

慢性肩こり

HOME気になる症状①>慢性肩こり

慢性の肩こり

慢性的な肩こりで悩んでいる人は非常に多く、特にデスクワークを長時間する人に多くみられます。
デスクワークは長時間同じ姿勢で過ごすために、全身の血液循環が悪くなり疲労物質が肩や腕などの筋肉にたまり慢性的な肩こりが起こるわけです。
デスクワークは1時間以上は続けてしないようにし、必ず休憩をとるように心がけます。2時間おきに20分休憩をとるよりも、1時間に10分とこまめな休憩をするほうが肩こりの予防にはなります。休憩の過ごし方は、座ったまま過ごすのではなく席を立ち歩いたり、腕や肩のストレッチを行い全身の血行がよくなるようにします。
ストレスでも肩こりの原因になりますので、仕事が終わればぬるめのお風呂にゆっくり入り心身ともリラックスするようにします。
肩こりがひどい場合には、40~42度の熱めのシャワーで5分くらいあてると筋肉が温まり、コリもほぐれてきます。また、湯船に肩まで浸かり肩や首筋をマッサージするのも効果があります。

肩こりの治療

肩こりがひどくなると筋緊張性頭痛や、頸肩腕症候群を引き起こすことがあります。頸肩腕症候群とは、首や肩、腕の痛みや痺れの症状を総称したもので、変形性頸椎症や胸郭出口症候群などの病気があります。
頸肩腕症候群の治療は、薬物療法の鎮痛剤や筋肉弛緩剤を使います。また、温熱療法も効果があります。
慢性的な肩こりには、眼科や耳鼻咽喉科、内科の病気が原因で起こることもありますので、肩こりがひどくなったら専門医の診察を受けるようにしましょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.