?

女性 慢性的な腰痛

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

慢性的腰痛

HOME気になる症状①>慢性的な腰痛

慢性的な腰痛

長い時間デスクワークの仕事をしていると、慢性的な腰痛になることもあるようです。少しうつむき加減で姿勢が悪い人に起こりやすいようです。
私たちは、生理的湾曲といわれる背骨が自然なS字カーブになっています。この生理的湾曲は背骨の負担を少なくさせるために、上半身の重みを分散させる働きをしています。
特に腰の部分は、腰の曲げ伸ばし、腰のひねりなど重要な部分になります。そのために、椎間板がクッションの役割をし様々な衝撃から腰椎を守る働きをしています。しかし、不自然な姿勢でいると腰椎が前に反ったり、後ろに引いてしまったりと負担がかかるために腰痛になりやすくなります。

腰痛の改善

悪い姿勢から腰痛が起こる場合には、正しい姿勢にする必要があります。正しい姿勢は壁に背中とお尻をつけ、腰の部分に手のひらが入るくらいの隙間が理想になります。手のひらではなくてコブシが入るようであれば、お尻が後ろに出て反りすぎなっていることになります。
まずは手のひらが入る姿勢を体で覚え、立っているとき座るときも正しい姿勢を保つように心がけます。
デスクワークで長い時間イスに座る場合は、イスに深く腰掛け背もたれに背中を密着させ腰への負担を軽くすることです。仕事がやりにくい場合は背もたれの間にクッションなどを使い背骨がずれないようにします。
車や電車でも座る場合にも、深く腰掛ける習慣をつければ腰痛は和らぎます。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.