?

女性 妊娠中に糖尿

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠中糖尿

HOME気になる症状②>妊娠中に糖尿

妊娠中に糖尿

妊娠すると胎児を成長させるためのホルモンの分泌量が増え、血糖値をさげるインスリンの働きが抑えられ血糖値が上がりやすい状態になります。そのため妊娠がきっかけとなり妊娠糖尿病が発症します。また妊娠中期以降が血糖値が上がりやすい状態です。
妊娠糖尿病は「妊娠中に発症、もしくは初めて発見された耐糖能低下」と定義されています。妊娠初期に糖尿病が発見される場合は、以前から糖尿病になっていたという場合が多いようです。妊娠後期に糖尿病が発症した場合は、以前から軽い糖代謝異常があり妊娠後期になって糖尿病になったという場合が多いようです。
このように糖尿病が出た場合は、出産後1~3ヶ月の間に糖尿病なのか、境界型なのか糖負荷テストで正常な診断を受ける必要があります。糖尿病と診断されれば継続して糖尿病の治療を行っていきます。
また、検査で正常と診断されても糖尿病が将来発症する可能性がるので、1年に1度検査を受ける必要があります。

糖尿病との付き合い

糖尿病になってしまうと一生の付き合いになる病気です。しかし、血糖値に注意しながら生活すれば健康長寿につながります。
自覚症状がないからといってそのまま放っておくと、糖尿病性網膜、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症という合併症を引き起こします。
そうならないためにも、早期発見、治療し合併症を防ぎましょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.