?

妊娠37週未満の前期破水(PPROM)

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠37週未満の前期破水(PPROM)

HOME妊娠中の疑問①>妊娠37週未満の前期破水(PPROM)

妊娠37週未満の前期破水(PPROM)

前期破水(PPROM)とは、妊娠37週未満で子宮の中で胎児を支えている卵膜が破裂することをいいます。前期破水に伴う危険性の一番は早産になります。そのほかに、臍帯脱出や臍帯圧迫、常胃胎盤早期剥離や羊水の感染などの危険性もあります。
前期破水の症状は、膣から液体が漏れたりたくさん流れ出たりするのが特徴で横になると量が増えます。おりものや尿の場合は酸性で破水による子宮頸管から降りてきている液体はアルカリ性になります。様々な検査を行い前期破水の診断がつきます。
前期破水が起こった場合には、まず、数時間から1日程度は細かく様子をみていきます。場合によっては安静のため入院し、陣痛が始まるかどうか胎児も含めて注意深く観察していきます。
陣痛が始まっても、赤ちゃんがあまりにも未熟である場合には陣痛を止める薬を使うこともあります。母子とも問題がなく胎児が成長し無事出産できると判断されるまでは、このような保存療法が続けられる場合もあります。
前期破水を起こしても、適切な処置を行えば母子とも危険性は少なくなってきます。
前期破水は、栄養不足が関係していることが研究によってわかっています。食生活をきちんとしていれば前期破水の予防につながっていきます。また、膣感染症、得に細菌性膣炎によって前期破水が起こることがありますので、このような感染症にも十分注意して治療することが大切になってきます。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.