?

妊娠糖尿病

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠糖尿病

HOME妊娠中の疑問①>妊娠糖尿病

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は、妊娠中に増加した血糖に対処できるだけのインスリンが分泌できない一過性の糖尿病にになります。妊娠28週ごろになると、胎盤からインスリン抵抗性を引き起こすホルモンを大量に分泌し始めます。このタイプの糖尿病は高齢妊婦に多く見られますが、出産後にはほとんど治ります。
一般的に、妊娠中に発病したものでもきちんと管理していれば胎児も母体にも危険なものではありませんが、妊娠糖尿病をきちんと管理していないと血液中の糖分が胎盤を通して赤ちゃんに入り込み巨大児となったり、妊娠中毒症を発症する危険性があります。
妊娠糖尿病は、尿に糖が出ることですがその他の症状として、異常にのどが渇く、頻繁にトイレに行き尿の量も多い、倦怠感などの症状がでることもあります。妊娠糖尿病にかかった場合には、出産から2~3ヶ月後に検査をし血糖値が正常に戻ったか確認します。また、血糖と尿糖の上昇やのどの渇き、頻尿などの症状には常に注意する必要があります。
食生活を見直し、定期的な運動を行い体重管理をすることによって危険性は少なくなります。また、肥満の人でも運動を行えば、妊娠糖尿病の危険性は半分になります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.