?

お風呂で血液サラサラ

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

お風呂血液サラサラ

HOMEライフスタイル改善>お風呂で血液サラサラ

お風呂で血流改善

お風呂は1日の終わりにゆっくり入ったり、温泉旅行などでのんびりとお風呂につかることは疲れをとったり、リラックスするに最適でしょう。お風呂に上手に入ることは、軽い運動と同じように血液の流れをよくしたり、血液をサラサラにする効果があります。
熱いお風呂が好きという人もいますが、ただお風呂に入ればいいというわけではなく、42℃以上のお風呂に入ると逆効果で血液がドロドロになってしまいます。また、血小板が活性化し血液の粘度が増し血栓もできやすくなります。熱いお風呂というのは、体の芯が温まる前に上がるので血流改善も中途半端になってしまいます。
冬場など温度差が大きい時期には、高血圧の人は急激な温度の変化で血圧が急上昇するので注意が必要です。
38~40℃のぬるめのお風呂に、15~20分間ゆっくり入るのが血液をサラサラにするには効果的です。最初はぬるく感じても血行がよくなり徐々に温まってきます。また、つかるときは肩や胸のあたりまでします。首までしっかりつかると心臓に負担がかかります。
最近では、シャワーで済ませてしまう人も多くいますが、お風呂につかると肩こりや冷え性を和らげ新陳代謝が活発になり免疫力が高くります。最近では、夏バテを防ぐ効果があるといわれています。また、お湯にゆっくりつかることで交感神経が沈静化し、リラックスするので気持ちよく寝ることができます。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.