?

おかずは適量で血液サラサラ

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

おかずは適量血液サラサラ

HOMEサラサラ血液の食事>おかずは適量

玄米や雑穀のご飯で血液サラサラ

ご飯ののおかずは、肉や魚介類、卵や豆製品などのたんぱく質が主な材料になります。たんぱく質は、細胞の材料になるとても大切な栄養素で、たんぱく質が不足すると血管がもろくなって損傷しやすくなります。逆にたんぱく質を多くとりすぎるとエネルギーやコレステロールが多くなってドロドロの血液になるので、多くても少なくても問題になりますので適量を摂取することが大切です。
主菜は3食とも1品にします。おかずが、から揚げや刺身、煮付けなど2品、3品となるのは食べ過ぎになるのでおかずは1品で十分です。
1人分の材料の目安は、赤身の肉であれば80~120g、白身魚は100~150g、青背魚であれば50~100g、卵は1個が目安になります。
主菜は高カロリーになりやすいので、材料選びから調理法を工夫してカロリーを抑え、しかも物足りなさがないようにつくりたいものです。材料選びのポイントは、肉であれば脂身が少ない赤身、鶏肉であれば皮なしやささ身にします。卵はコレステロールが高いと心配になりますが、1日1個食べても大丈夫です。
調理法は、煮たり焼いたり、ゆでたり蒸したりと油を使わない調理法で行います。油を使う場合でも1日1回になるようにすると、油を使う量が減ってカロリーが抑えられます。野菜など低カロリーの食材を加えることで物足りなさをカバーできます。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.