生理痛がひどい・強い

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

生理痛がひどい・強い

HOME月経・生理の症状>生理痛がひどい・強い

憧れの“太ももの隙間”がピッタリ♪骨盤ガードル
履いているのがわからないくらい薄手生地!デニムにもひびかないのがポイント♪
http://www.andbeauty.jp/

『すらっと宣言』ぽっこりお腹とさよなら♪今だけ500円
美容の大敵!ガンコなぽっこりお腹!! 99%が実感した理想のスッキリ体験のチャンス!
http://www.hrk-jp.com/

便秘が辛いです。どうすればいいですか?
特選養麗健茶はどうですか?飲んだ後、何時間後かにお腹が活発に動いているのが分かります、次の日にはスルッと出ました♪
http://www.livmail.com/

女性のためのサプリメント!AFC葉酸サプリ♪
ふらふら、イライラするのは女性に不足しやすい葉酸・カルシウム・鉄の摂取不足!AFC葉酸サプリは、さらに8種類のビタミンをバランスよく配合
http://afc-shop.com/



生理痛がひどい・強い

人により違いはありますが、生理が始まって1日〜4日くらいの間に、お腹や下腹部、腰など鈍く重い痛みがあります。
また、めまいがする、身体がだるい、眠気があるなど全身の症状を訴える女性もいます。
初潮から数年間は無排卵性の周期が続くため、この時期に生理痛がひどいと悩む女性はあまりいません。しかし、10代後半から20代になるとホルモンの分泌量が増えることで子宮内膜が厚くなり月経量が増えます。
その月経血の通り道である子宮頸管が狭いために子宮口が広げられることで痛くなります。これは、妊娠をしていない人に多く見られる症状です。
その他の原因として、ストレスや不規則な生活、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が原因になっている場合もあります。
また、鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらず寝込んだりする場合は月経困難症と考えられます。

生理痛の対策

生理痛がひどい場合には、無理をせず市販の痛み止めを飲み痛みを和らげます。
鎮痛剤が効かなかったり、毎回寝込んでしまう場合には産婦人科で子宮や卵巣に病気がないか検査をしてもらいます。
生理の周期がある程度決まっている人は、痛みがある前に飲み始めると効果があるようです。その他に、お腹や腰を温めたり体操やストレッチも月経痛の緩和には有効なのでぜひ試してみてください。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事

インフルエンザマスク


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.