生理痛が強くなる

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

生理痛が強くなる

HOME月経・生理の症状>生理痛がだんだん強くなる

生理痛がだんだん強くなる

生理痛が以前と比べるとだんだんと強くなる場合は子宮内膜症の可能性が疑われます。
子宮筋腫や子宮内膜症が生理痛を伴う病気の代表で、その他に、子宮や卵巣が炎症を起こす場合もあります。
子宮内膜症は20代の女性でも多く見られるようになりました。
子宮内膜症とは、子宮内膜に似た細胞が子宮腔以外の腹膜や臓器の表面、卵巣の内部などの骨盤に守られている下腹部の内部に発生する病気です。
この細胞は子宮内膜と同じように増殖、剥離、出血というサイクルを繰り返します。そのため出血で行き場のなくなった月経血がたまり卵巣に腫瘍をつくるチョコレート嚢腫(のうしゅ)という病気になることもあります。
子宮内膜症の原因は、生理の時の出血で卵管から腹腔内に流れ子宮内膜を他の場所に運ぶためと考えられています。
子宮内膜症の症状が進むと、生理でなくても下腹部が痛むなどの症状があります。また、生理痛でもだんだん強くなり吐き気や嘔吐などを伴うことがあります。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療は、薬で生理を一時的に止める方法と患部を手術で摘出する二通りがあります。
薬の場合は、子宮内膜の増殖を抑えたり、下垂体ホルモンの分泌を止める作用のある薬を使います。しかし、副作用があるので長い期間は使うことはできません。
その他に薬ほどの効果は望めませんが、副作用のない避妊用のピルも子宮内膜の増殖を抑え生理痛を和らげる効果があります。
薬治療の場合、再発のおそれがあり完治しにくくなります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.