?

赤血球の働き

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

赤血球働き

HOME血液サラサラで健康>赤血球の働き

赤血球の働き

血球の約99%が赤血球で占められており、酸素を全身の細胞に運ぶというとても重要な働きをしています。赤血球に含まれるヘモグロビンという赤色の色素が酸素と結びつくことで全身に運ばれます。
赤血球はヘモグロビンを溶解ギリギリまで含んでおり、赤血球の重量の約30%にもなります。ヘム鉄とグロビンというたんぱく質が結合したものがヘモグロビンで、血液中の酸素が多いところでは二酸化炭素を放出し酸素と結合します。反対に酸素が少ないところでは酸素を放出し二酸化炭素と結合する性質を持っています。この性質の働きで肺では酸素を取り込んで二酸化炭素を放出し、全身の細胞では酸素を放出して二酸化炭素を取り込む働きをしています。動脈ではヘモグロビンは100%酸素と結びついて、静脈では20%くらいしか結びついていないので、とても効率よく酸素を運んでいることになります。

赤血球の変形能

赤血球は血管のとても細い毛細血管を通るために自由に形を変えられる変形能という能力を持っています。赤血球の膜はしなやかで伸縮自在ですが、この伸縮自在性がなくなり変形しにくくなると、血液の流れが悪くなりドロドロの原因になってきます。
赤血球は細胞の一つですが核が存在しません。赤血球がつくられる段階では核は存在しますが、最終的には核がなくなり赤血球になります。なぜ核がなくなるのか詳しいことはわかっていません。しかし、核がないことで多くのヘモグロビンを詰め込んだり、少ないエネルギーで活動できたり、変形し毛細血管を通ることができるメリットがあります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.