女性・子宮筋腫の治療法

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

女性子宮筋腫の治療法

HOME女性の症状>子宮筋腫の治療法

子宮筋腫の治療法

子宮筋腫の治療方法は主に薬と手術になります。
薬のよる治療
ホルモン療法
薬で生理を一時的に止め、体を閉経と同じ状態して筋腫を小さくする方法です。皮下注射あるいは点鼻薬を使いホルモンの働きを抑えます。副作用があるので使用期間は6ヶ月までと決められています。
対症療法
過多月経や出血による貧血の症状を和らげるために使います。生理痛を緩和する鎮痛剤、貧血の改善に造血剤、出血量を減らしホルモンをコントロールする低用量ピル、諸症状を和らげるために漢方薬などを使います。
手術による治療
筋腫核出術
筋腫の部分だけを摘出します。開腹手術あるいは腹腔鏡で筋腫を摘出します。筋腫が複数ある場合はひとつずつの摘出になるので手術は時間がかかります。筋腫核出術の場合は再発する可能性があります。
子宮全摘出術
子宮を全て取り除く手術です。お腹を開腹し子宮を摘出します。膣式という膣から子宮を摘出する方法もありますが、筋腫が小さい、出産経験があるなど制約があります。子宮全摘出術の場合、再発のすることはありません。
その他の治療法
子宮動脈塞栓術(UAE)
太ももの動脈からカテーテルを入れ、筋腫の血量を減らし筋腫を小さくさせます。この子宮動脈塞栓術は保険適用外です。
集束超音波療法(FUS)
超音波の振動エネルギーを筋腫に当て焼いて壊死させる方法です。まだ体への安全が不明なので妊娠を希望する人には行われません。この集束超音波療法も保険適用外です。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.