女性・子宮内膜症

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

子宮内膜症

HOME女性の症状>子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮の内腔にできる内膜が子宮内以外の場所に内膜の組織ができる病気です。できやすい場所は、子宮体外、卵管、卵巣、ダグラス窩、大腸、直腸、膀胱、外陰部です。子宮内腔以外で増殖した内膜組織も毎月剥れますが出口がないためそのまま溜まってチョコレートのようになったり、周りの臓器と癒着し様々な症状が出てきます。子宮内膜症の原因はまだわかっていません。
子宮内膜症でよく見られる症状は、生理痛で徐々に痛みが増してきます。その他腰痛や吐き気、下痢などの症状も出ることがあります。さらに病状が進行すると生理以外でも下腹部や腰に痛みがあったり、セックス時にも痛むことがあります。
不妊症の原因になることもあり、2〜4割は子宮内膜症が原因と考えられています。
子宮内膜症の診断は難しく、内診や超音波検査でもはっきりとわからないことも多く、最終的判断はお腹の中を腹腔鏡などで直接見る方法以外にありません。MRI、血液検査も行うこともあります。

子宮内膜症の治療法

子宮内膜症の治療方法には、薬と手術のふたつの方法があります。
薬物療法では、生理を一定期間止めて閉経と同じ状態にするホルモン療法と、生理痛の緩和やホルモンのコントロールする対症療法があります。
手術療法では、子宮や卵巣は残し病巣だけを取り除く保存手術、病巣がある卵巣と子宮を取り除く準根治手術、子宮・卵巣・卵管を全て取り除く根治手術があります。
保存手術と準根治手術は再発のおそれがあります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.