女性・子宮体がん

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

子宮体がん

HOME女性の症状>子宮体がん

子宮体がん

子宮体がんとは、子宮内膜の細胞の腫瘍が悪性になったものです。子宮がんの3〜4割が子宮体がんで増加しています。
子宮内膜の細胞に異常があっても、毎月の生理で子宮内膜が剥がれ落ちていればがんになることは比較的少ないといわれています。
ただし、排卵がなかったり閉経して生理がなくなった場合などは細胞が悪性に変化して子宮内にとどまり、がんになる確率が高くなります。
まだはっきりとした原因はわかっていませんが、卵胞ホルモン(エストロゲン)に影響を受けているタイプと卵胞ホルモン(エストロゲン)の影響のないタイプがあることはわかっています。症状は、不正出血や出血量が増える、茶褐色のおりものが出るといった症状があります。発症する年齢は、50〜60歳代が多くなっています。
子宮体がんになりやすい女性は、出産経験がない女性、閉経年齢が遅い女性、肥満で糖尿病や高血圧の女性です。

子宮体がんの治療法

子宮体がんの基本的な治療は、手術により子宮を摘出することです。また、がんの転移しやすい卵巣や卵管も摘出するのが一般的です。
妊娠を希望する女性で、早期に発見でき初期状態の場合はホルモン剤で治療することもあります。
その他に、がんがかなり進行している場合や再発のおそれがある場合には、抗がん剤や放射線治療、症状にあわせてホルモン療法をおこないます。
治療後は定期的に検診を受けるようにします。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.