?

妊娠・子宮内児発育遅延(IUGR)

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠子宮内児発育遅延(IUGR)

HOME妊娠中の疑問①>子宮内児発育遅延(IUGR)

妊娠・子宮内児発育遅延(IUGR)

子宮内児発育遅延(IUGR)とは、母親の病気や胎盤機能不全、生活習慣などが原因で理想的な子宮環境になってない場合に、赤ちゃんが本来のペースで成長しないことをいいます。子宮内児発育遅延(IUGR)は全妊娠の2.5~3%に見られますが、小さく(通常2300g以下)生まれる赤ちゃんの90%以上は順調に成長し、2~3年で普通の子供と変わらなくなります。
子宮内児発育遅延(IUGR)は、母親が気付くような目立った症状はなく、お腹が大きくならないから赤ちゃんが成長していないというわけではありません。お腹が大きいことや体重が増えることが赤ちゃんが大きく成長しているとも決めることはできません。腹部の測定や触診などの健診によって、子宮や胎児が週数のわりに小さいことがわかるのが普通です。
早産児は、ほとんどが小さいので早産の原因となっているものを改めたり、早産の可能性がある場合には押しとどめる処置をすることで低出生体重児の生まれる危険性はかなり少なくなるでしょう。
最近の研究では、低出生体重児の原因となる付加的な要因が明らかになってきています。身体的、精神的ストレスやプロゲステロンなどのホルモンの不足、妊娠中に増加するはずの血漿が増加不十分になった場合などがあげられます。そのほか、母親自身が小さく生まれた場合も小さい赤ちゃんが生まれることも少なくないようです。しかし、ほとんどのケースで食生活や危険要因を排除することによって正常に成長させることが可能になっていきます。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.