?

妊娠・食べ物・食事

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠食べ物食事

HOME妊娠中の疑問②>食べ物

妊娠・食べ物

妊娠中で食べ物に気をつけたいのは塩分です。妊娠中の塩分の摂取量は1日10g以下が目安になりますので、まずは調味料から減らしていきましょう。ソースやしょうゆ、マヨネーズなどそのまま料理にかけることはせずに、小皿に少しだけ入れて食べるなど工夫しましょう。カロリーカットやノンオイルなどは、体重管理には効果がありますが塩分の多いものもありますので使いすぎないように注意しましょう。また、加工食品の食べすぎやラーメンなどのスープも飲み干さないことです。
どうも味気ないと感じたら、香辛料やレモン、酢などを使い薄味に変化をつけましょう。


魚には水銀が含まれているので、妊娠中は食べないほうがよいとされています。私たちが普段の食事からとり込んでいる水銀は、体に影響を与えることはなく少しづつ排出されていきます。しかし、赤ちゃんは排出することができないので蓄積されることになります。
ある一定の量に水銀がなると中枢神経に影響が出る危険があるとされています。
キンメダイ、マグロ、メカジキは一週間に一切れ(80g)
キダイ、マカジキ、ミナミマグロは一週間に二切れ(160g)です。
卵・牛乳
親が卵アレルギーなどがあれば、子供もアレルギーなるとは必ずしもいえません。アレルギー体質の遺伝については、はっきりとはわかっておらず因果関係が少ないという説もあります。
アロエ
アロエは体を冷やすと聞いたことがあるのではないでしょうか?アロエの作用は炎症を抑えたり、傷を治したりすのであって体を冷やす作用はありません。体を冷やす食品はトマトやバナナ、パイナップル、卵白、ナスなどです。一方体を温める食品は、赤身の肉や卵黄、ニンジン、ゴボウなどがあります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.