女性・多のう胞性卵巣症候群

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

多のう胞性卵巣症候群

HOME女性の症状>多のう胞性卵巣症候群

多のう胞性卵巣症候群

多のう胞性卵巣症候群とは、未熟な卵胞が排卵されずに卵巣の中にある状態にことをいいます。超音波検査で調べると、卵巣の中に5〜10ミリ程度の丸い粒がたくさん見ることができます。このように排卵されずに卵巣にたくさん卵胞がある状態を多のう胞性卵巣といいます。組織が増殖することで卵巣が大きく腫れますが症状はほとんどなく、排卵もあり生理も正常にあります。
しかし多のう胞性卵巣症候群は、卵巣を覆っている膜が硬く厚くなってくるので排卵が起こりにくくなり生理不順になるようになります。血液検査で異常が出るので多のう胞性卵巣症候群と判断できます。
その他の症状で、排卵をしないため妊娠をしない、にきびができやすくなる、男性ホルモンが増えることで体毛が濃くなるといった症状がでることもあります。

多のう胞性卵巣症候群の治療

う胞性卵巣症候群に治療は、生理を正常な状態に戻すために女性ホルモンを補充するホルモン補充療法をおこないます。
妊娠を望む場合には、排卵を促し不妊を改善する排卵誘発剤を使います。
その他に、太っている女性は痩せることにより排卵し生理が正常になることもあります。また、手術によって排卵をしやすくする場合もあります。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.