女性 高年期障害 手足の冷える・寒気がする

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

高年期障害手足冷え寒気

HOME高年期障害>手足の冷え・寒気

手足の冷える・寒気がする

高年期なると、今までは寒いのが平気だったり冷えを感じたことがなかった女性でも手足が冷え寒気があってつらいと症状を訴える女性が多くなります。ホットフラッシュに次いで多い症状です。また、若いときから冷え性で悩んでいる女性は、高年期になると症状が益々ひどくなるようです。
夏場でも下着や靴下を重ねて履いたり、お風呂に入ってもなかなか温まらない、眠ろうとしても手足が冷えて寝付けないといったことが起きます。
原因はホルモンの分泌が乱れ自律神経が対応できずに起こります。高年期にいちばん多いホットフラッシュと反対の症状です。ホットフラッシュは血管が拡張して起きますが、手足の冷えや寒気は逆に血管が収縮して起こります。
ホットフラッシュと冷えの症状がが同時に表れる女性も多く、上半身は暑くなり下半身は寒くなるという状態になるので治療も大変になります。

手足の冷えや寒気の治療

ホットフラッシュと同じように、身体の自然な反応なので病気とは違い心配の必要はありません。しかし、症状がつらい場合は婦人科など専門医の治療を受けるようにしましょう。
日常生活の中で、血行を良くするための工夫をします。

身体を温める効果のある入浴剤を使いぬるめのお風呂にゆっくり入る。
マッサージやツボを刺激して血液の循環をよくする。
夏場は、冷房の設定温度を上げ、風が直接身体に当たらないようにする。
寝るときは、電気毛布や電気カイロを使う。
歩いたり、柔軟体操など軽く身体を動かす。
遠赤外線の下着や靴下を使う。
しょうが、ニンニク、にらなど身体の温まる食事をする。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状@
女性の気になる症状A
女性の気になる症状B
妊娠中の疑問@
妊娠中の疑問A
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事



Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.