?

妊娠・帝王切開

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

妊娠帝王切開

HOME妊娠・出産後疑問>帝王切開

妊娠・帝王切開

帝王切開には、横切りと縦切りがあります。横切りは皮膚から筋膜までは横に、その下の腹膜は縦、子宮壁は横に切る方法です。一方縦切りは、皮膚から腹膜までは縦、子宮壁は横に切る方法です。
縦切りの場合は、お腹の縦に走る腹直筋と同じ方向に切るので出血が少なく手術も短い時間ですみます。また、次の出産が帝王切開になっても手術がやりやすいというメリットがあります。しかし傷あとが目立ちやすいというデメリットもあります。
横切りは、傷あとが目立ちにくく痛みも軽いというメリットがあります。どちらの帝王切開も産後の回復には大きな違いはありません。
縦切り、横切りは妊婦さんが選ぶことはできず、医師の考えやそのときの状況によって決まってきます。

手術予定日の前の陣痛
赤ちゃんの状態にもよりますが、手術予定日の前に陣痛が規則的に来て赤ちゃんが下りてきているようであれば、手術予定日より前であっても帝王切開は行われます。
帝王切開の麻酔
帝王切開では、局所麻酔(硬膜外麻酔・腰椎麻酔)が使われることがほとんどです。ただし、常位胎盤早期剥離や胎児仮死など赤ちゃんを緊急に取り出す必要があるときには全身麻酔が使われます。
全身麻酔の場合は、麻酔が赤ちゃんに届かないうちに素早く医師によって取り出されます。
出産時の避妊処置
卵管結紮手術と呼ばれる不妊手術のひとつです。卵管を縛ったり、切り離したりすることで半永久的に避妊できる手術です。j手術時間も分娩時間に加えて10分程度で終わります。出産後に痛みが出たり回復が遅れることはありません。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.