?

女性 夜中のトイレが多い

女性の健康大百科

女性の大百科では、女性の妊娠や出産、病気や更年期障害の症状など健康に関するものを紹介しています。
気になっているけど病院に行くほどでもないかな?と思っていてもやっぱり気になって病気なのか不安になります。
人にはとても恥ずかしくて聞けない、自分自身でなんとか解決したいなど悩んでしまうもの。
女性のちょっとした症状でも大きな病気の前のサインかも知れないことがあります。
そんな身体の気になる症状を調べるサイトです。
女性が健康に過ごせるように【女性の健康大百科】がお役に立てれば幸いです。

夜中トイレ多い

HOME気になる症状②>夜中のトイレが多い

夜中のトイレが多い

夜中にトイレ行くことが多くなった、おしっこの量も多い、昼間は普通であるといった症状が出る場合は、夜間頻尿だと考えられます。
夜中に2回以上トイレに行く場合に夜間頻尿といいます。
夜間頻尿は、腎臓の働きが低下しているのが関係している場合があります。健康な腎臓であれば、昼間に血液の浄化作用と再吸収作用の働きで尿がつくられます。一方夜になると抗利尿ホルモンが分泌され脳下垂体から尿を減らす命令が出ます。このような働きで昼間はトイレに行く回数が多くなり、夜寝ている間はトイレに行かずに済むのです。
しかし、腎臓の働きが弱ってくると昼間だけでは血液浄化が間に合わず、夜になっても浄化作用と再吸収作用が行われるため、夜に尿がつくられ排尿しなくてはならなくなるのです。
さらに抗利尿ホルモンの分泌が減少する高齢になると、尿の量を減らすことができず夜に何度もトイレに行くようになります。
尿が出にくい、残尿感があるといった症状がなければ年齢による夜間頻尿と考えてよいでしょう。

夜間頻尿の治療

夜間頻尿を治す治療法はないので、緩和するために生活上で工夫する必要があります。
特に水分コントロールには注意しましょう。水分は午前から夕方にかけてたっぷり摂るようにし、夕食後や寝る前には控えるようにします。ただし脳梗塞や心筋梗塞の心配がある人は水分を十分に摂る必要があります。
その他に、心臓病の薬や血圧降下剤は利尿効果があるものもありますので、主治医に薬の服用法を相談してみるとよいでしょう。


M E N U
女性の症状
月経・生理の症状
高年期障害
女性の気になる症状①
女性の気になる症状②
女性の気になる症状③
妊娠中の疑問①
妊娠中の疑問②
妊娠・出産後の疑問
血液サラサラで健康
ライフスタイル改善
サラサラ血液の食事


Copyright (C) 女性の健康大百科. All Rights Reserved.